みやけエコネット

photoノートまたもや
三宅島マジック!

~♪鳥くん、バードウォッチングで三宅島ツアー

今年も♪鳥くんが三宅島にやってきました! 6月2日・3日の2日間、バードウォッチングツアー専門の旅行会社ワイバードが主催する三宅島ツアーの講師として、21名のお客様を引率しての来島です。皆さん、お目当ての鳥は見ることができたのでしょうか? ♪鳥くん流“みんなで鳥見スタイル”は、三宅島でミラクルを呼ぶことができたのか?!

写真・文:♪鳥くん(永井真人)

久々の三宅島上陸

Image たのむ!!! お願いだ~~~!
当日が来るまで、毎日週間予報をチェックして、ひたすら晴れることを祈っていた。講師がどんなにがんばろうとも、天気は変えられない。大好きな三宅島。バードウォッチングツアーでお客さんを連れて、大勢と鳥見ができるなんて最高だ。参加者みんなが三宅島を好きになるに違いない! なりますように。

当日は「やった!晴れた!」 竹芝に向かう途中、渋谷でJRが止まっていたので、地下鉄で向かう。余裕を持って出発していたのでなんとか間に合った。特製の固有種のイラストを書いたものを参加者に配付した。図鑑じゃなかなかわからないところをわかりやすいように書いた。参加者の多くが初の三宅島にワクワクしている。しかし、まずは、乗船して、一眠りだ。プチ宴会を開いたり、すぐさま寝たりと、それぞれだ。

爆睡中、船内放送が響く。これが目覚まし変わりだ。久々の三宅島に上陸。「晴れてる!」そう、三宅島だけ雨が降っていたりするので、気は抜けなかった。早速ホトトギスの声が聞こえる。朝一番は最高の鳥見タイムだ。参加者全員にすぐに鳥見ができるように準備をしてもらい、バスに乗り込む。まずは、ウチヤマセンニュウを見てもらいたい! 早朝の方がよくさえずるので、見やすいのだ。こちらもドキドキしつつ、車内から、「アカッコッコが横切りました。」「電線にカラスバトやウチヤマセンニュウが止まっていることがありますよ~~」などと話しながら、島内1周開始。旧阿古小中学校で車を止めて、溶岩に埋もれた校舎を見ていると、ウチヤマセンニュウがよく鳴いている。

どこかにいないかな?と探すと、バスからそれほど離れていない場所に見つかった。ちと想定外だ(笑)。車内は大騒ぎになり、「どこ?どこ?」と探すお客さん。早速デジスコをするお客さん。双眼鏡でひたすら初めて見るウチヤマセンニュウを見ているお客さん。なかなか見つけることができないお客さんのスコープにも入れてあげて、全員がウチヤマセンニュウを見ることができた。再びバスは進むが、しばらくはウチヤマセンニュウの話題で持ち切りだった。

体験記写真

ウチヤマセンニュウに会いたいなら早朝がベスト!

お客さんは固有種に出会いたい・・・つづきはこちら
次のページへ
 1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  |

みやけ探検隊トップに戻る

Winds From Miyake
みやけエコネットのテーマソング、ダウンロード中!