みやけエコネット

三宅島を知ろう

すばらしい自然の宝庫

熱心に鳥を調べる

三宅島は、世界に誇れる貴重な自然の宝庫です。

島の中央にある活火山・雄山(おやま)の中腹からすそ野にかけては、スダジイやタブノキなどからなる貴重な照葉樹林が今も残っています。その森は、アカコッコやカラスバトなど一部の離島でしか見ることのできない珍しい鳥や、海でまわりを囲まれているため、長い年月の間に大きさや色などが変わり、独特の特徴をもつようになった鳥など、たくさんの野鳥のふるさとになっています。

植物も本州のものに比べると葉が大きくなったり、背丈が低かったり、海洋性の気候のため花の時期が長いなどの特徴があります。

また、海には黒潮に乗って運ばれてくるたくさんの色あざやかな魚や、三宅島だけにしかいない魚がすんでいます。およそ90種ものサンゴが見られ、テーブルサンゴの北限にもあたり、魅力ある自然でいっぱいです。

衛星写真で三宅島を見てみよう