みやけエコネット

火山火山について知ろう

~火山の島、三宅島

三宅島は、はるか昔の火山活動の噴火によってできた火山島です。その起源は、数万年前とも数十万年前とも言われています。島ではいたるところに、火山活動がもたらした独特の景観を見ることができます。

三宅島では、この500年の間に12回、平均50年間隔で噴火が起きています。最近では、1940年、62年、83年、2000年に噴火が起こりました。

2000年に島をおそった噴火では、島のほぼ中央にある雄山山頂が陥没し、新たに生じた火口から大量の火山灰が島全体に降り積もりました。島には全島避難指示命令が出され、島民の皆さんは全員、島を離れることを余儀なくされました。その後は、大量の火山ガスの放出が長期にわたって続き、島を離れて避難した島民の皆さんの帰島を、4年半ものあいだ阻んできました。